着物の裄部分が短い場合、どう着付ける?

腕が長い人は着物の裄部分が短く見えやすいですが、着付けのポイントがありますのでご紹介いたします。

長襦袢を着用する時には衣紋を忘れずに抜いておき、首の横側の部分を指で外側へと引いて空間を作る事が大切ですから、背中側の脇の部分からも引っ張ってみたり、袖部分も軽く引っ張って裄の長さを確保しましょう。

衿部分は日常生活の中で動いてしまいやすいので、伊達締めを結ぶ時には気持ち上の位置で固定しておくのがオススメですよ。

着物を着付ける際に、自分で折りたたむ掛け衿タイプの衿であれば自分で幅を調整する事ができますので、衿幅を広めに折っておくと裄を確保しやすいでしょう。

半衿は出しすぎると不恰好ですが、気持ち多めに出しておくと裄を稼げるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。